依頼のメリット・デメリット

依頼のメリット・デメリット 設計事務所は建物の専門家となりますが、そこに依頼した場合のメリットはお客さんの要望を聞き入れる自由度の高い設計を行える点があります。
また住宅メーカーや大規模な工務店の様な宣伝を行う必要が全くないため、営業経費がかからず無駄を省いた形で建築をすることも可能です。
他にも設計事務所のスタッフが建築士であることも多く、住まいの快適性の診断を行うこともでき、各種シミュレーションを行いながら家を建築することができます。
一方では設計事務所に依頼するデメリットとしては、建物の引き渡しを行うまでの納期が多少、かかってしまう点があります。
大きな会社の様に組織力で仕事を行う形にはならず、少数精鋭で事業を行う流れになるため、その分、期間もかかってしまうことも多いです。実際のモデルルームや展示場などが存在しないので、お客さんが見学を行いながら家を建てることは難しくなります。
要望や希望を伝える場合には、スタッフの数も少なく、スタッフが現場などに出向いているケースも見られ、手厚い対応ができないです。
会うことも少なくなり、メールにてのみやりとりを行うケースも増えていきます。

設計事務所に依頼をするなら知っておきたいこと

設計事務所に依頼をするなら知っておきたいこと 設計事務所に建築を依頼すると、世界に二つとないものが手に入ります。
ただし裏を返せばそれがデメリットになる場合も少なくありません。
例えば大手のハウスメーカーに建築を依頼すると、ほぼ完成した建物の中から自分の好みのものを選ぶことになる場合が多いです。
自由がないと言えばそれまでですが、ある意味ではあまり考える必要がないので楽です。
ところが設計事務所の場合だと、ドアの位置やバスルームの浴槽の形まで決めなくてはいけなくなります。
おまけに柱一本から材料を探してきますし、工法なども決めていきます。
そのためあらかじめ揃えてある材料を組み立てるだけのハウスメーカーに比べると、完成までに時間がかかるのも覚悟が必要です。
その他にも設計士さんとの相性も大切で、こだわりの強い人に出会ってしまうと、施主の希望を聞いてもらえないなどが起こります。
その場合はまた一から設計士さんを探さなければいけなくなること珍しくありません。